FC2ブログ

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


▼2ちゃん

出会い系サイトとはインターネットを利用して不特定の男女が出会いを目的としたやり取りをするウェブサイトの呼称です。その歴史は非常に古くインターネット草創期である1995年には存在していました。
1996年にはインターネットでの出会いをテーマにした映画「ハル」が公開され、出会い系サイトという言葉も少しづつ定着しつつありました。まずは当時流行っていたリクルートの個人情報誌じゃマールをそのままオンラインにしたような掲示板サイトから始まり、1997年くらいから全国的な人気になったのはヤフーパートナーとエキサイトフレンズの2サイトでした。
その後、1999年にiモード端末の発売ははじまり、出会いのメイン舞台はパソコンからモバイルに移行します。

モバイルサイトでもっとも成功したサイトは、スタービーチ(通称スタビ)です。昔ながらの掲示板スタイルですが匿名でしかも無料で使えるため、多くのユーザーを集客しました。
しかし事件も多発し次第に廃れはじめることになります。そしてこの頃から課金型の出会い系サイトがどんどん出現します。メールクラブ、モアイなどのサイトはいち早く雑誌などに広告を掲載し、現在の出会い系のビジネスモデルをつくりました。しかし課金型の出会い系サイトは、簡単に運営ができ利益率も高いため、すぐに悪質なサイトが登場しはじめます。スパムメール配信・架空請求など悪質行為が目立ちはじめ運営側での逮捕者も続出します。

またモバイルが出会い系の中心になったことにより若年化が一気にすすみ、未成年が犯罪に巻き込まれる事件が多発し、出会い系サイトが問題視されはじめました。
そして時代はWEB2.0へと移り変わり、mixiを筆頭としたソーシャルネットワークが出会い系サイトに加わります。今までみたいに赤の他人と出会うのではなく、知り合いを介して交流を広げていくスタイルは人気となり、瞬く間に会員数国内NO1になりました。しかしながら昨年、個人情報関係で深刻な問題が多発し、今までの出会い系サイト同様に、多くの問題をかかえていくことになりました。

ここ10年で出会い系サイトは多くの問題を経て、現状のサービスに辿りつきました。ユーザー同士のトラブル、運営サイドの悪質行為、個人情報の取り扱いなど多くの問題がいまだに解決しないままです。
しかし数年前よりは確実に状況は良くなっていると思います。モバイルの出会い系サイトが出始めた当時、未成年問題やスパム、架空請求など無惨な状態でした。
現在は出会い系サイト規制法も成立し、使う側も、提供する側も一定のモラルを守りつつあります。

昨年のmixiの個人情報流出などまだ問題は多く残ってますが、この10年で出会い系サイトがある程度進化し、安定期にさしかかっているといっても過言ではないでしょうか
関連記事
スポンサーサイト




▼mixiグループが運営しているコミュニティサイトだから安心!
▼登録はコチラ

 | ホーム |